ゴールデンウィークに行った京都のネットカフェ一泊旅行

4年前の2015年のゴールデンウィークの頃の5月2日と3日に、一人で京都へ一泊旅行をしました。目的地は京都の大丸百貨店と北野天満宮でした。浜松駅からひかりを使って行きました。値段は浜松から東京へ行く時と同じなのですが、自分の場合は割り引き対象者の為普通乗車券が普通の方の半額になるので、自由席の往復切符の合計金額は1万1千円位でした。しかもその制度は、付き添い1名も対象になるので便利です。補足ですが、その制度を使い親に付き添いをお願いして令和元年の5月に東京へミュージカルを見に行っております。

話を戻しますが、京都へ行った日はお昼頃に浜松駅を出る様にしました。新幹線内ではすぐに座る事が出来て、足を休めました。

京都駅に着き、大丸百貨店近くまでバスに乗りましたが、近いのですぐに降りた感じでした。大丸百貨店の六階でTVアニメ「黒子のバスケ」の展示会が開催されている事をネットや週刊少年ジャンプで知り、コンビニでチケットを事前に購入していました。最初から二日間見に行く事を決めていたので、その日の夜の事は京都駅に着いた時から気になりました。会場へ着いたらデジタルカメラを出して、写真を撮りながら楽しみました。グッズもその時に多く買いました。

夕食を済ませて、どこに泊ったかと言うと大丸百貨店から歩いて行ける場所のネットカフェです。でも夕食後すぐに入ったわけではなく、夜11時位になるまで近くで時間潰しをしてから入りました。ネットカフェなので、そこであまり寝た記憶がありません。次の日の朝5時半位に店を出まして、大丸百貨店近くで開店時間まで暇つぶししながら待ちました。2回目は会場内にある生菓子の配布券を求めて入った様なものでしたが、1日目にグッズを買っておいて正解だったなと思えるグッズ物販コーナーを通りながら会場を後にしました。

その後北野天満宮までタクシーを使って行きました。その目的は、その近くのカステラの有名店に行き、休憩とお土産を買う為でした。そこの店で食べられるスペースがあり、そのときはお昼を兼ねた休憩時間にしようと思っていました。その後バスで京都駅へ向かったのですが寝てしまい、起こされたのがどこかの山奥でした。パニックになりましたが、もう一度バスに乗って京都駅に向かいました。疲れていたのでしょうね。でも帰りの新幹線内では眠らなかった記憶があるので、バスの車内で眠れた事も結果的には良かったんだと思っていますね。

関連記事

NO IMAGE

高齢の母とともに新幹線で京都旅行

NO IMAGE

学生時に京都旅行に利用した新幹線。

NO IMAGE

母と子と親子3代で新幹線で京都へ旅行