学生時に京都旅行に利用した新幹線。

大学4年生の時、当時所属していたゼミ生全員で毎年恒例の合宿を兼ねて京都に旅行に行きました。当時私は名古屋市内の私立大学に通っていたものの私は三重県在住で近鉄を利用した方が京都に近かったし安く行けたのですが、ゼミ生のほとんどが名古屋市を含めた愛知県在住だったことからJR名古屋駅に集合して新幹線で京都に行くことになりました。

新幹線は利用すると近距離でも高いイメージがあり、学生でより安い費用で行きたいということからより切符が安くなるぷらっとこだまを利用して行きました。総勢15人と教授1名で行き、旅行の手配は幹事となる3年生の後輩が旅行会社を通じてしていました。ただ比較的人数が多いだけに座席について他のゼミ生は少しもめてしまいました。一方で私は座席についてはあまり気にしなかったことから、ゼミ生とは少し離れた場所で座っていました。JR名古屋駅からJR京都駅まではこだまで行っても1時間もかからないことから、休憩するのにちょうどよく座席については特に問題ないと思いました。

宿泊先は京都市内の旅館となっていて、JR京都駅からは地下鉄などを利用して30分程度かかる場所にありました。合宿といっても2泊3日のうち勉強をするのは最初の2日間、しかも数時間程度になっていて、あとは飲み会をしたり京都市内を観光したりと完全に娯楽の旅行になっていました。

最終日には路線バスで約1時間程度かけて人気観光スポットである鈴虫寺に行きました。時期が9月の平日ということもあり、人はそれほど多くありませんでしたが、片道1時間程度かかる上市内は渋滞している地域も多かったことから、新幹線の乗車ギリギリの時間にJR名古屋駅に到着しました。京都は夏暑いことで有名ですが、暑さもひどくなく快適に過ごせたと思っています。前年は飛騨古川の山奥の旅館でゼミ合宿旅行を行ったのですが、かなり山奥でコンビニもなければ公共交通機関も全く存在しておらず、旅館が所有するバスでしか移動できないというとても不便な場所で合宿をしただけに京都市内での合宿旅行は交通の便もよく、勉強で使用する資料のコピーもすぐにできたことからとても楽しいものとなりました。また移動時間も前年は片道3時間に加えて、ホテルまでのバス移動で30分程度かかって行くだけでも疲れてしまったのですが、京都での新幹線の往復は片道1時間もかからず体への負担もそれほどかからなくてよかったと思いました。

関連記事

NO IMAGE

ゴールデンウィークに行った京都のネットカフェ一泊旅行

NO IMAGE

母と子と親子3代で新幹線で京都へ旅行

NO IMAGE

高齢の母とともに新幹線で京都旅行